コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サンサルバドル島 サンサルバドルとう San Salvador Island

2件 の用語解説(サンサルバドル島の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サンサルバドル島
サンサルバドルとう
San Salvador Island

旧称ウォットリング Watling島。西インド諸島北部,バハマ中部の島。 1492年コロンブスが初めて上陸した新世界の地,先住民がグアナハニ島と呼んでいた島は,この島であると考えられている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

サンサルバドル‐とう〔‐タウ〕【サンサルバドル島】

西インド諸島のバハマ諸島中央部に位置する島。バハマ領。1492年、コロンブスが新世界探検航海で最初に上陸した島。旧称ワットリング島。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サンサルバドル島の関連キーワードウオッチングスピリット・リング布書きペン タフウォッシュパパウォッシュの日ロトム(ウォッシュロトム)ウォッチャー・オブ・ザ・スカイウォッチング・ザ・ディテクティヴズブラック・ウォッチワットリング[島]ウォッチング

サンサルバドル島の関連情報