コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サンジャンドリュズ Saint-Jean-de-Luz

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サンジャンドリュズ
Saint-Jean-de-Luz

フランス南西端ピレネーザトランティク県,大西洋岸の町。ニベル川の河口右岸にある。マグロ・イワシ漁船の根拠地であるが,最近はフランス南部大西洋岸の観光地コートダルジャン (銀色海岸) の一部としての発展が著しい。ルイ 14世がマリ・テレーズと結婚式をあげた,中世バスク様式を残す聖堂などがある。人口1万 2124 (1982) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

サンジャン‐ド‐リュズ(Saint-Jean-de-Luz)

フランス南西部、ピレネーザトランチック県、ニベル川の河口に位置する港町。17世紀にルイ14世とスペイン王女マリー=テレーズとの結婚式が行われたサンジャンバティスト教会や、ルイ14世が滞在した館などがある。海岸保養地としても有名。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

サンジャンドリュズの関連キーワードギッシング

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android