サンフアン大聖堂(読み)サンフアンだいせいどう

世界の観光地名がわかる事典の解説

サンフアンだいせいどう【サンフアン大聖堂】

プエルトリコ最大の都市サンフアンにある大聖堂サンホセ広場からクリスト通りを2ブロックほど進んだエリアにあり、サンフアンで最も古い歴史を持つ建造物の一つである。1521年に建設されてハリケーンで壊滅したが、1540年に再建された。淡いピンクと白の色合いが美しいといわれ、現在でも16世紀のゴシック建築の丸屋根などを見ることができる。インディヘナ毒矢に刺されて亡くなったプエルトリコ初の総督、ファン・ポンセ・デ・レオンの遺体が眠っている。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

サンフアン‐だいせいどう〔‐ダイセイダウ〕【サンフアン大聖堂】

Catedral de San Juan》米国領プエルトリコの都市サンフアンにある大聖堂。旧市街中心部に位置する。1521年創建の市内最古の大聖堂だったが、ハリケーンにより倒壊。のちにゴシック様式で再建され、19世紀に現在見られるネオバロック様式の聖堂に改築された。同地を治めたポンセ=デ=レオンの遺骨が納められている。1983年、「ラ‐フォルタレサとプエルトリコのサンフアンの歴史地区」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android