コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サンフアン大聖堂 サンフアンだいせいどう

世界の観光地名がわかる事典の解説

サンフアンだいせいどう【サンフアン大聖堂】

プエルトリコ最大の都市サンフアンにある大聖堂。サンホセ広場からクリスト通りを2ブロックほど進んだエリアにあり、サンフアンで最も古い歴史を持つ建造物の一つである。1521年に建設されてハリケーンで壊滅したが、1540年に再建された。淡いピンクと白の色合いが美しいといわれ、現在でも16世紀のゴシック建築の丸屋根などを見ることができる。インディヘナ毒矢に刺されて亡くなったプエルトリコ初の総督、ファン・ポンセ・デ・レオンの遺体が眠っている。

出典|講談社世界の観光地名がわかる事典について | 情報

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android