サン・ヌーベル・ヌーベル(英語表記)Les cent nouvelles nouvelles

世界大百科事典 第2版の解説

サン・ヌーベル・ヌーベル【Les cent nouvelles nouvelles】

題は《新百話》の意で,1456‐61年ころ,遅くともブルゴーニュ公フィリップ善良公の没年(1467)までに成立した小話集。公とその周辺に実在した35人の語り手と1人の無名の編者によって炉辺で語られたことになっているが,作品中の詞書,文体の統一性より見て1人の作者ないし編者によるものと推定される。形式的には当時《サン・ヌーベル(百話)》と訳されるのが常であったボッカッチョの《デカメロン》を模倣してはいるが,主題,語り口,人物の造形はそれにほど遠く,ファブリオーフィレンツェの作家ポッジョ・ブラッチョリーニの小話により多くを負う。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android