サン・ヌーベル・ヌーベル(英語表記)Les cent nouvelles nouvelles

世界大百科事典 第2版の解説

題は《新百話》ので,1456‐61年ころ,遅くともブルゴーニュ公フィリップ善良公の没年(1467)までに成立した小話集。公とその周辺に実在した35人の語り手と1人の無名編者によって炉辺で語られたことになっているが,作品中の詞書,文体の統一性より見て1人の作者ないし編者によるものと推定される。形式的には当時《サンヌーベル(百話)》と訳されるのが常であったボッカッチョの《デカメロン》を模倣してはいるが,主題語り口,人物の造形はそれにほど遠く,ファブリオーフィレンツェの作家ポッジョ・ブラッチョリーニの小話により多くを負う。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

妨害運転罪

2020年に施行された改正道路交通法で新設された罰則。他の車の通行を妨げる目的で、車間距離の不保持、急ブレーキ、幅寄せや蛇行運転、対向車線からの接近や逆走をするなどの10の違反行為を妨害運転と定義して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android