フニャディ(英語表記)Hunyadi János

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フニャディ
Hunyadi János

[生]1407? トランシルバニア,フニャド
[没]1456.8.11. ベオグラード
ハンガリーの軍人,政治家。ワラキア公国のルーマニア系貴族の出身。軍人として,オスマン帝国との戦役に従軍。若くしてジギスムント王の宮廷に仕え,トランシルバニア侯に任じられた。 1446年下層貴族に支持されて幼王ラースロー5世の摂政となった。 1456年ベオグラードの戦いにおいてオスマン帝国軍を大破,以後 70年間のハンガリーの独立を確保したが,勝利の直後黒死病にかかって陣没。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

フニャディ【Hunyadi János】

1407ころ‐56
ハンガリーの軍人,政治家。ルーマニアのワラキア地方の貴族出身。父がジグムント国王の近衛兵としてトランシルバニアのフニャディ城を得たときからハンガリーへ移る。1441年からトランシルバニア公,ラメシュ県知事。国王ウラースロー1世(ウワディスワフ3世。在位1440‐44)のもとで対トルコ防衛軍を指揮し,しばしばオスマン・トルコ軍を破った。その軍事的功績のゆえに恩貸地を与えられ,ハンガリー最有力の領主となった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android