コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サーダーバード条約 サーダーバードじょうやくSa`adābād Treaty

3件 の用語解説(サーダーバード条約の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サーダーバード条約
サーダーバードじょうやく
Sa`adābād Treaty

1937年7月8日,トルコイランアフガニスタンイラクの4イスラム教国が結んだ,国境相互不可侵内政不干渉条約。イランの首都テヘラン近郊のサーダーバード離宮で調印されたため,この名がある。オスマン帝国崩壊後,互いに国境が不安定だったこと,第1次世界大戦後ソ連の影響力が中近東に伸びてきたことなどを背景にイギリスの工作もあって,これら4国が結束を固めようとしたものである。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

サーダーバード条約【サーダーバードじょうやく】

正称は〈近東の平和を確保するための四ヵ国条約〉。1937年テヘラン郊外のサーダーバードSaadabadでトルコ,イラク,イラン,アフガニスタンの間で結ばれた不可侵友好条約で,領土の不可侵や共通利害の擁護などを定めた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

サーダーバードじょうやく【サーダーバード条約】

トルコ,イラン,アフガニスタン,イラクの中東4国間の相互不可侵条約で,1937年7月8日,イランで締結された。テヘランのサーダーバードSa‘dābād離宮で結ばれたためこの名がある。当初5年間有効で5年ごとに更新されることになっていたが,第2次世界大戦とともに消滅した。相互の利害に関係ある国際問題について協議しようとする意思の表現で,第1次大戦後初の中東イスラム諸国間の条約としてイランのレザーシャー・パフラビー王,トルコのケマル・アタチュルク大統領の威信を高め,貿易・郵便・電信協定が続いた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

サーダーバード条約の関連キーワード中国映画日活(株)華北分離工作朝鮮映画東宝(株)広田弘毅内閣文化勲章中井正一チェンバレン若い人

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone