コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ザウエルブルフ Ernst Ferdinand Sauerbruch

世界大百科事典 第2版の解説

ザウエルブルフ【Ernst Ferdinand Sauerbruch】

1875‐1951
ドイツの医学者。デュッセルドルフ近くのバルメン(現,ブッパータール)に生まれ,ブレスラウ(現,ブロツワフ)大学でミクリチ・ラデツキーJohann von Mikulicz‐Radecki(1850‐1905)について外科学を修めた。胸腔内圧の差異について詳しく新知見を報告し,胸腔内の外科手術操作を可能にして胸部外科という新分野を開拓した。1910年チューリヒ大学の正教授に就任,18年ミュンヘン大学,27年ベルリン大学に転じた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ザウエルブルフ
ざうえるぶるふ
Ernst Ferdinand Sauerbruch
(1875―1951)

ドイツの外科医、胸部外科への道を開いた一人。バーメン生まれ。2歳のとき父を結核で失い、靴製造業の祖父に育てられた。ハンブルク大学で自然科学を学び始めたが、興味を失い、ライプツィヒ大学で医学を学んだ。開業したり、カッセルの尼僧慈善病院で働いたりした。論文を送ったのが縁となり、1903年、当時有名な外科医であったブレスラウ大学のミクリッツJohannes von Mikulicz-Radecki(1850―1905)の助手となり、胸部を開いたときにかならずおこる肺の虚脱防止法を考案するテーマを与えられた。彼は手術部位を陰圧に保つ気密室をくふうして、それを避けることに成功した。のちに気道から陽圧を送る方法が主流になったが、食道や肺などにメスを安全に導く道を開いた先達としての位置は失われない。[中川米造]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

367日誕生日大事典の解説

ザウエルブルフ

生年月日:1875年7月3日
ドイツの外科医
1951年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

世界大百科事典内のザウエルブルフの言及

【手術】より

…こうして,以前には想像もできなかったような大きな手術が,種々の分野で実施されるようになり,それに伴い外科も細分化の傾向が強まった。
[胸部外科の発達]
 第2次大戦前猛威をふるっていた肺結核に対して,栄養,大気,安静という消極的な治療法から人工気胸術,胸郭形成術がくふうされ,1934年にはドイツのE.F.ザウエルブルフが肺葉切除に成功し,今日の胸部外科の基礎が築かれた。
[心臓外科の誕生]
 心臓外科は,1896年W.レーンの損傷を受けた心臓壁の縫合の成功に端を発するが,1945‐46年ブラロックAlfred Blalock(1899‐1964)らによって進められたファロー四徴症に対する鎖骨下動脈,肺動脈間血管吻合(ふんごう)形成術などによって心臓外科は花開き,その後人工心肺装置の発展によって直視下開心術も可能になった。…

※「ザウエルブルフ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ザウエルブルフの関連キーワードエルンスト ザウエルブルフ胸郭成形術生年月日中川米造

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android