コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ザラカイメン Callyspongia confoederata

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ザラカイメン
Callyspongia confoederata

海綿動物門尋常海綿綱単骨海綿目ザラカイメン科の海産動物。体は高さ 30cm,直径 30cmほどの円筒状かまたはそれにこぶし形の突起基部あるいは側部でつながっており,それらの突起の頂部および体の先端にはそれぞれ大きな出水孔が開いている。体表面には,その名のように硬い小突起がたくさんあってざらざらしている。体内はじょうぶな海綿質繊維が網状になっていて,その繊維の中に数列の桿状の骨片が含まれている。本州中部以南からマレー諸島インド洋オーストラリア浅海に分布し,よく海岸に打上げられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ザラカイメン【Callyspongia confoederata】

尋常海綿綱ザラカイメン科の海綿動物。体表面にかたい小突起がたくさんあって,ざらざらしているところからこの名がある。体は高さ30cm,径3cmほどの円筒状で基部や側方からこぶし状の突起を出す。体の先端には大きな丸い出水口が開いており,入水孔は規則的に多数並んでいる。体を構成している海綿質繊維は網状に連続していて,その繊維の中には桿状(かんじよう)の骨片が数列に並んでいる。有用種ではない。【今島 実】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ザラカイメン
ざらかいめん / 更海綿
[学]Callyspongia confoederata

海綿動物門尋常海綿綱単骨海綿目ザラカイメン科に属する海産動物。本州中部地方以南の暖海に広く分布し、海岸の潮間帯下部から亜潮間帯の流れのある岩礁の上などに生息する。細長い壺(つぼ)状の海綿で、岩に付着する部分で多くの壺状の海綿が合体していることが多い。高さは数十センチメートルに達することがある。体の外表は高さ数ミリメートルの突起で覆われてざらざらしている。中腔(ちゅうこう)の内表面は平滑である。また、中腔には1ミリメートル程度の流出口(大孔(だいこう))が多数開いている。骨片は両端のとがった桿状体(かんじょうたい)のみであるが、海綿質がよく発達しているので質は強い。紫色と橙(だいだい)色を帯びたものとの2種類の色彩のものが存在する。[星野孝治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ザラカイメンの関連キーワードワタトリカイメン更海綿