コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ザーネン ザーネン 〈ドイツ〉Saanen

3件 の用語解説(ザーネンの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ザーネン(〈ドイツ〉Saanen)

家畜のヤギの一品種。スイスザーネン渓谷の原産。乳用種で、毛色は白。日本で最も多く飼養される。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ザーネン【Saanen】

ヤギの一品種。スイス中西部ザーネン渓谷原産。やせ型で、肩高75センチメートルほど。毛色は白色。乳用種。日本の飼養ヤギの多くが本種あるいは本種の改良種。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ザーネン
ざーねん
Saanen

哺乳(ほにゅう)綱偶蹄(ぐうてい)目ウシ科の動物。家畜ヤギのもっとも代表的な乳用品種で、スイス西部のベルン州ザーネン谷の原産である。被毛は白色、無角のものが多く、肉垂れ(肉ひげ)はもつものと、もたないものとがある。体は後半が充実したくさび形をしている。体重は雄80キログラム、雌55キログラムほどで、乳房はよく発達し、年間総乳量500~1000キログラム、泌乳期間は270~350日である。世界各国で広く飼育され、その国のヤギの改良にも貢献した。日本ザーネンは九州地方の在来ヤギにザーネンを累進交配して作出したやや小形のヤギである。ブリティッシュザーネンはイギリスの在来種にオランダのザーネンを累進交配して作出したもので、体格はより大きく、能力も優れている。[西田恂子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ザーネンの関連キーワード朝鮮牛黄牛アンゴラ山羊ガーンジーシャロレーチャウチャウフォックステリアブラウンスイス蒙古馬カシミア山羊

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ザーネンの関連情報