コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ザーポトツキー Zápotocký, Antonín

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ザーポトツキー
Zápotocký, Antonín

[生]1884.12.12. クラドノ,ザーコラニー
[没]1957.11.13. プラハ
チェコスロバキアの政治家。労働者出身。父の影響で,早くから社会主義運動に従事。 1921年チェコスロバキア共産党の創立とともに中央委員。 25年国会議員。 39年ナチスドイツのゲシュタポによって強制収容所に送られたが連合軍によって解放され,45~50年労働組合中央評議会議長,国会議員。 48年6月首相,共産党政治局員。 53年 K.ゴットワルトの跡を継いで大統領に就任。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ザーポトツキー

チェコスロバキアの政治家。労働者出身で早く社会民主党左派に属した。1921年チェコスロバキア共産党創立に参加,中央委員,書記長となって労働組合を指導。第2次大戦中一時ドイツ官憲に捕らえられた。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ザーポトツキー
ざーぽとつきー
Antonn Zpotock
(1884―1957)

チェコスロバキアの政治家。クラドノ地方出身。石工の出。1921年の共産党創設に参加し中央委員となり、1925~1938年には同党所属の国会議員として活躍した。ナチス・ドイツ支配中ザクセンハウゼンの収容所に入れられた。1945年に統一労組議長となり、1948年6月に首相に就任、スターリン主義路線を遂行した。1953年のゴットワルトの死後、大統領に就任した。[木戸 蓊]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ザーポトツキーの関連キーワード12月12日ゲシュタポ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android