ザーポトツキー(英語表記)Zápotocký, Antonín

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ザーポトツキー
Zápotocký, Antonín

[生]1884.12.12. クラドノ,ザーコラニー
[没]1957.11.13. プラハ
チェコスロバキアの政治家。労働者出身。父の影響で,早くから社会主義運動に従事。 1921年チェコスロバキア共産党の創立とともに中央委員。 25年国会議員。 39年ナチスドイツのゲシュタポによって強制収容所に送られたが連合軍によって解放され,45~50年労働組合中央評議会議長,国会議員。 48年6月首相,共産党政治局員。 53年 K.ゴットワルトの跡を継いで大統領に就任。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ザーポトツキー

チェコスロバキアの政治家。労働者出身で早く社会民主党左派に属した。1921年チェコスロバキア共産党創立に参加,中央委員,書記長となって労働組合を指導。第2次大戦中一時ドイツ官憲に捕らえられた。戦後1948年首相,1953年―1957年大統領。ジャーナリスト,作家としても知られる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ザーポトツキー
ざーぽとつきー
Antonn Zpotock
(1884―1957)

チェコスロバキアの政治家。クラドノ地方出身。石工の出。1921年の共産党創設に参加し中央委員となり、1925~1938年には同党所属の国会議員として活躍した。ナチス・ドイツ支配中ザクセンハウゼンの収容所に入れられた。1945年に統一労組議長となり、1948年6月に首相に就任、スターリン主義路線を遂行した。1953年のゴットワルトの死後、大統領に就任した。[木戸 蓊]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android