コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シアン化水素酸 シアンかすいそさん hydrocyanic acid

4件 の用語解説(シアン化水素酸の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シアン化水素酸
シアンかすいそさん
hydrocyanic acid

シアン化水素 HCN の水溶液。青酸とも俗称する。非常に弱い酸で,酸解離定数 4.79×10-10 (18℃) 。リトマス紙を赤変することができない。非常に猛毒である。 (→青酸中毒 )

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

シアン化水素酸【シアンかすいそさん】

シアン化水素HCNの水溶液。一塩基酸で酸性は炭酸より弱い。青酸とも。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

シアン化水素酸

 →シアン化水素

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シアン化水素酸
しあんかすいそさん
hydrocyanic acid

シアン化水素の水溶液。俗称青酸。ヘキサシアノ鉄()酸カリウムK4[Fe(CN)6]を希硫酸とともに蒸留する。きわめて弱い酸で、シアン化カリウムの水溶液は加水分解のため強いアルカリ性を示す。水溶液は徐々に分解してギ酸アンモニウムを生じる。シアン化合物(HCN, (CN)2など)は猛毒であるが、保安技術の進歩に伴って、アルデヒドやニトリルなどの有機合成、果樹の害虫駆除剤、金・銀などの電気精錬、めっき工業などに広く利用されている。その存在は、ピクリン酸‐炭酸ナトリウム試験紙が黄色から紫色に変色するか、ベンジジン‐酢酸銅試験紙が青色に着色することによってわかる。[守永健一・中原勝儼]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シアン化水素酸の関連キーワードアジ化水素アーモンド油銀シアン化カリウムシアン化水素青酸青酸中毒過酸化水素水沃化水素水素酸フッ化水素酸(弗化水素酸)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone