コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シェースの反乱 シェースのはんらん

2件 の用語解説(シェースの反乱の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

シェースの反乱【シェースのはんらん】

1786年―1787年農民出身の復員大尉D.シェースを指導者として米国マサチューセッツ州西部に起こった農民の暴動。独立後の経済不況の中,重税に対する不満から起こったもので,小さな暴動であったが,誇大に伝えられて軍が出動,鎮圧した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

シェースのはんらん【シェースの反乱 Shays’s Rebellion】

1786‐87年,アメリカ合衆国マサチューセッツ邦西部で起きた農民反乱。独立後の経済不況は,現金収入の乏しいマサチューセッツ邦西部の小農民に重税と負債の苦しみを加重した。彼らは,税の軽減,滞納税と負債の強制執行延期,負債投獄者の救済,法定紙幣の増発を同邦議会に請願していたが,議会は1786年7月になんらの対策もとらずに閉会した。不満を高めた西部農民約500人は農民出身の復員大尉シェースDaniel Shays(1748‐1825)の指揮下にスプリングフィールドに集まり,最高裁判所の開廷を阻止し,兵器廠も占拠しようとし,さらにこの反乱は隣邦農民にも波及した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

シェースの反乱の関連キーワードアングロアメリカ北アメリカアメリカン合衆国ネバダネブラスカ北米マサチューセッツ亜米利加アメリカ連合国

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone