コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シェーンハイマー シェーンハイマーSchönheimer, Rudolf

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シェーンハイマー
Schönheimer, Rudolf

[生]1898.5.10. ベルリン
[没]1941.9.11. ニューヨーク
ドイツの生化学者。分子を同位元素で標識する方法を創始した。つまり,食物などの生きた分子に同位元素をつけ,その出す放射線や質量の違いを頼りに,体内でのその行くえを追跡,代謝の研究に革命をもたらした。 1923年ベルリン大学卒業後,ライフワークであるコレステロールと動脈硬化症の研究に取組んだ。ライプチヒ,フライブルク両大学で教えたが,33年ナチスから逃れて渡米,コロンビア大学に移り,重水素の発見者 H.ユーリー教授を知って,前記の技術を応用する研究に従った。しかし,第2次世界大戦を苦にしてか,独ソ戦のさなかにニューヨークで自殺した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

シェーンハイマーの関連キーワードブロッホ(Konrad Emil Bloch)ライプチヒ同位元素重水素分子

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

シェーンハイマーの関連情報