コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シカゴ詩集 シカゴししゅう Chicago Poems

3件 の用語解説(シカゴ詩集の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シカゴ詩集
シカゴししゅう
Chicago Poems

アメリカの詩人カールサンドバーグの処女詩集。 1916年刊。詩誌『ポエトリー』に発表された自由詩「シカゴ」をはじめ,素朴な口語,俗語を駆使して中西部の民衆をうたい上げた作品や,都会の風物をイマジスト風の筆致でとらえたり,自然を抒情的に歌うものなどを含み,いわゆる「シカゴ・ルネサンス」の代表作とされる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

シカゴししゅう〔‐シシフ〕【シカゴ詩集】

《原題Chicago Poemsサンドバーグの詩集。1916年刊。米国中西部の都会に暮らす人々や自然の姿を生き生きとうたう。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シカゴ詩集
しかごししゅう
Chicago Poems

アメリカの詩人、カール・サンドバーグの詩集。1916年刊。従来の東部中心の文化に反抗して、中西部のたくましく健康なアメリカの都会や自然を歌い上げた。1914年に表題の詩「シカゴ」がシカゴの文芸誌『ポエトリ』に発表されて、詩壇の注目を集めた。詩集は「シカゴ詩編」「少しばかり」「戦争詩編」「道とその終り」「霧と炎」「影」「かつての日々」の7部よりなる。W・ホイットマンを思わせる自由律と新しいイマジズムスタイルがみられ、1920年代から1930年代にかけて一世を風靡(ふうび)した。日本でも草野心平、小野十三郎、岡本潤、萩原恭次郎(はぎわらきょうじろう)らに少なからぬ影響を与えた。[新倉俊一]
『安藤一郎訳『シカゴ詩集』(岩波文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シカゴ詩集の関連キーワードアメリカの学者アメリカンリーグサンドバーグポエトリーパクスアメリカーナアメリカの没落リンカーン伝アメリカンドッグの日不安の時代《アメリカの悲劇》(スタンバーグ)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone