コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シカゴ詩集 シカゴししゅうChicago Poems

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シカゴ詩集
シカゴししゅう
Chicago Poems

アメリカの詩人カール・サンドバーグの処女詩集。 1916年刊。詩誌『ポエトリー』に発表された自由詩シカゴ」をはじめ,素朴な口語俗語を駆使して中西部の民衆をうたい上げた作品や,都会の風物をイマジスト風の筆致でとらえたり,自然を抒情的に歌うものなどを含み,いわゆる「シカゴ・ルネサンス」の代表作とされる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

シカゴししゅう〔‐シシフ〕【シカゴ詩集】

《原題Chicago Poemsサンドバーグの詩集。1916年刊。米国中西部の都会に暮らす人々や自然の姿を生き生きとうたう。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シカゴ詩集
しかごししゅう
Chicago Poems

アメリカの詩人、カール・サンドバーグの詩集。1916年刊。従来の東部中心の文化に反抗して、中西部のたくましく健康なアメリカの都会や自然を歌い上げた。1914年に表題の詩「シカゴ」がシカゴの文芸誌『ポエトリ』に発表されて、詩壇の注目を集めた。詩集は「シカゴ詩編」「少しばかり」「戦争詩編」「道とその終り」「霧と炎」「影」「かつての日々」の7部よりなる。W・ホイットマンを思わせる自由律と新しいイマジズムのスタイルがみられ、1920年代から1930年代にかけて一世を風靡(ふうび)した。日本でも草野心平、小野十三郎、岡本潤、萩原恭次郎(はぎわらきょうじろう)らに少なからぬ影響を与えた。[新倉俊一]
『安藤一郎訳『シカゴ詩集』(岩波文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

シカゴ詩集の関連キーワードカール サンドバーグシカゴ派

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android