コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シクスツス2世 シクスツスにせいSixtus II

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シクスツス2世
シクスツスにせい
Sixtus II

[生]?. ギリシア?
[没]258.8.6. ローマ
ギリシア出身とされる第24代教皇在位 257~258)。聖人。初期ローマ教会の,最も崇敬されている殉教者(→殉教)の一人。教皇ステファヌス1世(在位 254~257)の死後,257年8月に教皇に選出された。ステファヌス1世の在位中,悔悛した背教者の再洗礼をめぐって一部の東方教会との間に対立が起こったが,シクスツス2世は融和的な姿勢をとり関係を回復した。登位して間もなく,ローマ皇帝ウァレリアヌス(在位 253~260)がキリスト教徒に対する布告を出し,激しい迫害が続いた。258年8月,シクスツス2世は難を避けてアッピア街道のプラエテクスタツスの地下共同墓地に信徒を集め礼拝を行なったが,そこで 4人の助祭ヤヌアリウス,ウィンケンティウス,マグヌス,ステファヌスとともに捕えられ処刑された。祝日は 8月7日。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

シクスツス2世の関連キーワードラウレンチウス

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android