コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シクロスポリン cyclosporine

翻訳|cyclosporine

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シクロスポリン
cyclosporine

ノルウェーの土壌から見つかったカビの抽出物質。新しい抗生物質の探究中に,免疫抑制作用が著しく強いことが発見され,1978年,イギリスのカーン教授が人間に初めて使用,翌年,アメリカでも3大学が腎臓移植後の拒絶反応抑制薬として使用,著しい治療成績を上げた。心臓・肝臓・腎臓移植を実験的医療から医療手段へ引き上げた画期的な薬で,現在は,単独ではなく,プレドニゾロンアザチオプリンなどと併用されて投与されている。ただし腎機能障害,肝機能障害,食欲不振,吐き気などの副作用がありうる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

シクロスポリン

免疫抑制剤。臓器移植に際して1970年代末から用いられるようになり,拒絶反応の出現を効果的に減少できることから,臓器移植の臨床成績の向上に大きく貢献している。1970年代の初めに,ノルウェーの土壌から分離された真菌から,その代謝産物としてシクロスポリンは見いだされた。
→関連項目拒絶反応心臓移植免疫抑制剤

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

シクロスポリン【cyclosporin】

免疫抑制剤の一。土壌中のカビの培養液中から分離された、一一個のアミノ酸からなるペプチド。 T 細胞に特異的に作用することにより、臓器移植後の拒絶反応を抑制する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

シクロスポリンの関連キーワードマクロライド系抗生物質ネフローゼ症候群ベーチェット病FK掌蹠膿疱症OKT角膜移植ペプチドアミノ酸肝臓移植膠原病肝移植腎移植天疱瘡培養液乾癬

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

シクロスポリンの関連情報