シグモンディ

  • Zsigmondy, Richard Adolf

化学辞典 第2版の解説

オーストリア-ドイツのコロイド学者.ウィーンに生まれる.ウィーン大学とウィーン工科大学で学んだ後,1887年ミュンヘン大学に進学して有機化学を学び,1890年博士号を取得.同大学,ついでベルリン大学にて助手を務めた後,1893年からグラーツ工科大学の講師となり,ガラスや陶磁器のうわぐすりの研究からコロイド化学に興味を抱く.1897~1900年イエナのガラス工場に勤務し,H. Siedentopfとともに限外顕微鏡を開発した.1907年ゲッチンゲン大学の教授となり,無機化学研究所の所長を務めた.同研究所は第一次世界大戦時に深刻な打撃を受けたが,コロイド溶液に関する研究で1925年ノーベル化学賞を受賞した.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android