コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シケイロス Siqueiros, David Alfaro

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シケイロス
Siqueiros, David Alfaro

[生]1896.12.29. チワワ
[没]1974.1.6. クエルナバカ
メキシコの画家。 J.オロスコ,D.リベラと並ぶメキシコ三大画家の一人。サンカルロス美術学校,第1次野外美術学校で学び,在学中に革命党に入り,ディエゲス将軍のもとで戦った。 1919~21年,スペインのメキシコ大使館付き武官として滞欧。帰国後,革命的,民衆的絵画を目指してグループを結成し,機関誌『エル・マケーテ』 El Macheteを発行。 1930年代以後,単独あるいはグループで次々と巨大な壁画を制作。ロサンゼルス美術センター (1932) ,アルゼンチン,ドン・トルクァートの個人別荘 (33) など国外でも多くの壁画を描き,リアリズムと,誇張された短縮法による幻想の混合した独自のスタイルを確立した。ラッカーをコンクリートの上に直接吹きつけた明るく輝かしい色彩効果は,激しいポーズの人物描写と調和した。この「ダイナミック・リアリズム」「キネティック・パースペクティブ」と呼ばれる技法は,伝統的な壁画制作法とはまったく異なる。代表作『ファシズムの挑戦』 (39,メキシコシティー,電気工業労働者ユニオン) ,『文化の発達』 (52~56,メキシコ大学) ,『癌に対する医学の勝利』 (58,メキシコシティー,医薬センター) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

シケイロス(David Alfaro Siqueiros)

[1896~1974]メキシコの画家。早くから革命運動に参加、社会的なテーマをダイナミックに表現した。アメリカ大陸各地に多くの壁画を残す。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

シケイロス

メキシコの画家で,オロスコリベラとともに〈メキシコ三大革命画家〉とされる。メキシコ革命に参加後,1919年―1922年渡欧。帰国後美術家組合をつくり,革命の意義を広く民衆に伝えるため壁画運動を興した。
→関連項目ウェストンチヤンバスコンセロス

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

シケイロス【David Alfaro Siqueiros】

1896‐1974
メキシコの画家。オロスコ,リベラとともに壁画の巨匠の一人。メキシコ革命に鼓舞され,1911年アカデミア・デ・サン・カルロスの教育改革をめざすストライキを指導。14年にはカランサ軍に入り,後に大佐にまで昇進する。19年パリ大使館付文化担当官として赴任,当地でリベラと接触し,共にイタリア壁画を研究する。22年に帰国し,国立高等学校の壁画を制作する一方,革命的職業画家・彫刻家・版画家組合を組織。その後政治活動に没頭し逮捕される。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

シケイロス【David Alfaro Siqueiros】

1896~1974) メキシコの画家。メキシコ革命に参加し、社会主義活動を続けながらその思想をダイナミックな作風で表現。油絵のほか壁画も多い。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シケイロス
しけいろす
David Alfaro Siqueiros
(1896―1974)

メキシコの画家。12月29日チワワ州に生まれる。サン・カルロス美術学校で絵を学んだ。在学中からメキシコ革命運動、社会主義の闘士、指導者、芸術家として活動したが、その後、大使館付武官としてヨーロッパに滞在(1919~22)し、当時のパリ前衛絵画に接し、帰国後はリベラやオロスコとともに美術家組合をつくり、壁画運動に取り組んだ。スペイン内戦が勃発(ぼっぱつ)すると、共和派側に味方して参戦したが、共和派敗北でメキシコに帰国。1940年にはメキシコ亡命中のトロツキーの家を襲撃する事件を起こした。政治活動のため幾度も投獄されたり国外追放を受けたが、そのたびに北米や南米で壁画を制作した。画風はダイナミックなリアリズムを基調としているが、ヨーロッパ的美学を無視し、むしろアルカイックな伝統から奇怪で衝撃的な造形や空間を引き出し、平面に飽き足らず突出をつくったり、絵具のかわりにエナメルを使用するなど、リベラ、オロスコ亡きあとも運動を野心的に推し進め、メキシコ壁画運動の三大巨匠の一人に数えられる。主要作品にメキシコ市のプレパラトリア(国立高校)、大学、ブエノス・アイレスやロサンゼルス美術学校、アート・センターなどの壁画、大きな板にデュコ(自動車塗料)で描いた『叫びのこだま』などがある。晩年はメキシコ共産党の指導者であったが、74年1月6日に没し、国葬をもって遇せられた。[深作光貞]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のシケイロスの言及

【壁画運動】より

メキシコ革命(1911)後の新時代にふさわしい美術を創造し,革命の意義を壁画に描き,広く長く大衆の間に伝えようと考えたシケイロスリベラオロスコを中心にメキシコで興った美術運動el movimiento muralismo。メキシコ革命を記念する壁画構想はすでに1910年代からあったが,その実現は22年,時の文部大臣J.バスコンセロスによって国立高等学校の壁面が提供されたときに始まる。…

【ラテン・アメリカ美術】より

…そのなかでもハイチやニカラグアの素朴画は注目に値する。この時代,西欧モダニズムに対抗できる運動を確立したのはメキシコで,D.リベラオロスコシケイロスが中心となった壁画運動であった。メキシコはまたJ.G.ポサダに代表される挿絵や版画などの領域ですぐれた作品を生み出している。…

※「シケイロス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

シケイロスの関連キーワードウェストン(Edward Weston、写真家)リベラ(Diego Rivera)ホセ・クレメンテ オロスコポルフィリオ時代から革命へエドワード ウェストンディエゴ リベラ名古屋市美術館メキシコ美術利根山光人中南米美術メキシコ史環境芸術宣伝芸術北川民次ポロックモレリアタマヨ作風油絵

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android