シジミタテハ(英語表記)Riodinidae

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「シジミタテハ」の解説

シジミタテハ
Riodinidae

鱗翅目シジミタテハ科の昆虫総称シジミチョウ近縁の小~中型のチョウで,タテハチョウに似た点もある。シジミチョウ科とは後翅の形状や雄前肢の特徴で区別される。中央・南アメリカに多く,東洋熱帯とアフリカにかなりの種が知られるが,日本にはまったく産しない。台湾にはアリサンシジミタテハ Abisara burniiとシジミタテハ Dodona eugenesの2種を産する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版「シジミタテハ」の解説

シジミタテハ

鱗翅目シジミタテハ科Riodinidaeに属する昆虫の総称。小型のチョウで開張1.4~6.5cm。世界に約1000種が知られ,その大部分は新大陸に分布し,日本には産しない。シジミチョウ科に近縁であるが,タテハチョウ科との類縁を示す特徴も見られる。南アメリカの熱帯には赤,黄,緑,青などの金属光沢に輝く美しい種が多く,なかには数本の長い尾状突起をもつものや,翅の大部分が透明になったものもある。大部分の種は森林生であるが,一部に草原生のものも含まれている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のシジミタテハの言及

【チョウ(蝶)】より

…幼虫がニレ科のエノキ類を食べることは共通している。(10)シジミタテハ科 小型種が多く名まえのようにシジミチョウとタテハチョウの両方に似た形質をもっているが,よりシジミチョウに近いと考えられる。翅の形には変化が多く色彩も多様で美しいものが多い。…

※「シジミタテハ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android