シッカロール(英語表記)Siccarol

百科事典マイペディアの解説

皮膚殺菌剤。1916年和光堂の売り出したベビー・パウダーの商品名。タルカム・パウダー一種で,主成分は亜鉛華,タルク酸化チタンヘキサクロロフェンホウ酸など。乳幼児のあせも,ただれ,おむつかぶれ,股(また)ずれなどの予防に用いる。また成人にもあせも予防や剃刀(かみそり)まけ,ひげそり後の肌荒れ防止等に使われる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

(Sicaarol) 亜鉛華または亜鉛華でんぷんで製した、皮膚の散布薬の商標名。汗を吸収するので、あせも・ただれなどに用いる。
※育児読本(1931)〈田村均〉四九「軟膏を用ゐ、或はシッカロールなどを撒布しながら」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のシッカロールの言及

【タルカム・パウダー】より

…香りに特色をもたせたものをパヒューム・パウダー,ダスティング・パウダー,ボディ・パウダーなどと呼んでいる。そのほか,防臭剤入りのデオドラント・パウダー,殺菌剤入りのフット・パウダー,乳幼児のあせも・ただれ予防に用いるベビー・パウダー(シッカロールは1916年に出された和光堂の商品名),アフターシェービング・パウダーがあるが,これらも基剤はタルカム・パウダーとほとんど変わらない。なお,カラスウリの粉を主とした天瓜(花)粉(てんかふん)や打粉(うちこ)も同種の化粧品で,いずれも江戸時代から使われていた。…

※「シッカロール」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android