コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

おむつかぶれ

2件 の用語解説(おむつかぶれの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

おむつかぶれ

おむつ皮膚炎ともいう。おむつに接触する部分が赤くただれた状態。尿の分解生成物アンモニアの刺激による。予防には局所を清潔にし,おむつを頻繁(ひんぱん)に交換,通気性のよいおむつやカバーを選ぶ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おむつかぶれ【napkin eruptions】

おむつを使用している者,おもに乳児のおむつの部位に生じる接触皮膚炎。尿中の尿素が糞便中の細菌の尿素分解酵素によってアンモニアに変化して,かぶれの原因になるといわれる。ただし,その準備状態としておむつ布の繊維による摩擦やおむつカバーによる過度の圧迫などが誘因となり,また頻繁な下痢など,便の性質によっても影響される。症状としては,おむつが直接触れる部位を中心に発赤,丘疹,ときに糜爛(びらん)が生じ,かゆみはあってもあまりはなはだしくない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

おむつかぶれの関連情報