コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シバンムシ シバンムシ Anobiidae; deathwatch beetle; anobiid

3件 の用語解説(シバンムシの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シバンムシ
シバンムシ
Anobiidae; deathwatch beetle; anobiid

鞘翅目シバンムシ科に属する昆虫の総称。微小ないし小型の甲虫で,体は短太の円筒形。頭部は小さく,前胸前縁下部に納まる。触角は鋸歯状,櫛状または棍棒状で普通 10~11節,まれに8~9節から成り,複眼前縁近くについている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

シバンムシ

シバンムシ科に属する昆虫の総称。小型の種類ばかりで,多くは円筒形,体長7mmを越す種類は少ない。普通,黄褐色,褐色,黒色など単色。日本にはジンサンシバンムシケブカシバンムシなど50種以上あり,主として乾燥した植物質を食べるので,植物標本,漢方薬,家具,仏像,古書,タバコ,畳表などの害虫となるものも多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シバンムシ
しばんむし / 死番虫
death watch beetles

昆虫綱甲虫目シバンムシ科Anobiidaeに属する昆虫の総称。世界に広く分布しており、1000種以上知られ、日本にも40種以上の記録がある。体長2~7ミリメートル前後。円筒形ないし卵形、あるいは球形に近い。体色は淡褐色から黒色、体表は毛に覆われ、白、黄、黒の色などの毛で背面に斑紋(はんもん)をつくるトサカシバンムシTrichodesma fasciculareのようなものもある。触角は多少とものこぎり状のことが多いが、ホソクシヒゲシバンムシ類Ptilinusの雄では櫛(くし)状に分枝する。幼虫は白くて柔らかく、長い毛が生えていて、体をC字形に曲げている。成幼虫ともおもに乾いた植物質を食害し、枯れ木や材木を害するもの、生薬(しょうやく)、葉タバコ、乾燥食品などを食べ荒らすもの、サルノコシカケ類のキノコに孔(あな)をあけるものなどがある。
 この類を日本で死番虫、英名でdeath watch beetlesとよぶのは、ヨーロッパで家具や建材に大害を与えるアノビウム・ストリアトムAnobium striatumなどが、交尾期に、材にあけた孔の中で頭を前胸前縁または孔の壁面にぶつけて数回連続した音を出すことからきており、この音が夜の静けさのなかで響く無気味さが死の時計を思わせたものであろう。また、死番虫とは死を見守る意味からと思われる。このように家材、古木につくほか、クシヒゲシバンムシPtilineurus marmoratusは畳や合成繊維、古材を害し、ときに大発生することがあり、古書を害するフルホンシバンムシGastrallus immarginatus、タバコ葉につくタバコシバンムシLasioderma serricorne、チョウセンニンジンなどの生薬やビスケットなどの害虫ジンサンシバンムシStegobium paniceumのような変わった害虫も含まれる。[中根猛彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シバンムシの関連キーワードカッコウムシコバチヒメカツオブシムシ死番虫木食虫小判虫標本虫カイガラムシ(介殻虫)クロツヤムシツチカメムシ(土亀虫)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone