コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シビアアクシデント シビアアクシデント severe accident

2件 の用語解説(シビアアクシデントの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

シビア‐アクシデント(severe accident)

過酷事故

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シビアアクシデント
しびああくしでんと
severe accident

原子力発電所で起きる設計時の想定を上回る大事故。過酷事故ともよばれる。原子炉施設において、大地震、大津波、航空機墜落、テロリズムなどによって、原発設計時に考慮した範囲を超える異常事態が発生し、あらかじめ準備した手段では適切に炉心冷却・核反応制御ができない状態に陥り、炉心溶融原子炉格納容器の破損、放射性物質の施設外への放出・拡散に至ることを意味する。2011年(平成23)3月の東北地方太平洋沖地震東日本大震災)による東京電力福島第一原子力発電所事故のほか、1979年のアメリカスリー・マイル島原子力発電所事故や、1986年に旧ソ連(現、ウクライナ)で起きたチェルノブイリ原子力発電所事故が該当する。
 日本の対策は電力会社の自主的な取り組みに任されてきた。しかし東京電力福島第一原発事故を教訓に、国の原子力規制委員会は2013年7月をめどにシビアアクシデント対策を盛り込んだ安全基準を策定し、電力会社に対策を義務づけることを決めた。対策としては、遠隔操作で原子炉を冷却する施設の導入、原発以外の別の電源システムの確保、原子炉建屋から100メートル以上離れた予備施設の設置、放射性物質を取り除くフィルター付きの排気(ベント)施設の導入などである。新基準を満たさない原発について、原子力規制委員会は再稼働を認めない方針である。
 なお、シビアアクシデントという用語は、海外では原発以外の想定を上回る大事故についても使われることがあるが、日本では原発事故に使用される場合が多い。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シビアアクシデントの関連キーワード過酷事故事故る人身事故無事故貰い事故カウント事故事故死事故調事故/無事故

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

シビアアクシデントの関連情報