シャイスタ・ハーン(英語表記)Shaista Khān

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シャイスタ・ハーン
Shaista Khān

[生]?
[没]1694
インド,ベンガルの太守。アーサフ・ハーンの子で,アウラングゼーブの母方の叔父。マラータシバージーが勢力を伸ばしはじめたとき,1660年アウラングゼーブからその鎮圧を命じられ,64年ベンガルの太守となった。当時フグリー川沿岸で貿易を始めていたイギリス人は関税でしばしば太守と衝突,太守は 72年に免税の特許状を与えた。他方,74年フランス人に土地を与え,ここがのちのシャンデルナガル (現チャンダンナガル) となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android