シャチブリ(英語表記)Ateleopus japonicus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シャチブリ
Ateleopus japonicus

シャチブリ目シャチブリ科の海水魚。全長 1m。体は細長くてはなはだやわらかく,背鰭より後方は強く側扁している。鱗はない。腹鰭は紐状で,喉位。体は灰褐色で半透明であるが,背鰭と胸鰭は黒く,尻鰭の縁辺尾鰭の縁辺も黒っぽい。深海性(→深海魚)。本州中部の太平洋岸から東シナ海北部に分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

シャチブリ【Ateleops japonicus】

クジラウオ目シャチブリ科の海産魚。頭部は大きく,長楕円形。(ふん)はドーム状にまるく前方に突き出す。口は下面に開き,吻端より後ろにある。体は細長く,クラゲのように柔軟でうろこがなく,背びれ後方より尾に向かってしだいに細くなり,かつ側扁する。体長約80cmに達する。体色は褐色を帯びた灰色で透明感がある。とくに吻部は色素が少なく半透明。背びれと胸びれ黒みを帯びる。しりびれはウナギのように長く連なり尾びれと連続している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シャチブリ
しゃちぶり / 鯱振
tadpole fish
[学]Ateleopus japonicus

硬骨魚綱クジラウオ目シャチブリ科に属する海水魚。南日本の沿岸沖の深海に生息する。頭部が大きく尾部に向かって細くなる細長い魚。頭部も体も柔らかくぶよぶよしていて、体は半透明である。体色は紫褐色。背びれは8~10軟条、尾びれは小さく、臀(しり)びれと連続しており110~130軟条。腹びれは3、4軟条からなる。腹びれの最長鰭条(きじょう)は糸状に伸び、胸びれの先端付近に達する。歯はそれほど発達していないが、上顎(じょうがく)に絨毛(じゅうもう)歯帯がある。全長は1メートルほどになる。英名は、体形がオタマジャクシに似ているのに由来する。シャチブリ科には4属13種ほど含まれるが、日本には本種のほかに、オオシャチブリ、シログチシャチブリが生息している。[上野輝彌]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android