コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャルモン Charmont, Joseph

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シャルモン
Charmont, Joseph

[生]1859.9.15. トゥールニュ
[没]1922.6.19. モンペリエ
フランスの民法学者,法哲学者。 19世紀において支配的であった法実証主義の諸形態を批判的に検討し,理想主義的な自然法論の復権を唱えるとともに,F.ジェニーの自由法論や L.デュギーの社会連帯の法理の自然法的性格を指摘した。主著『自然法の再生』 La Renaissance du droit naturel (1910) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シャルモン
しゃるもん
Josef Charmont
(1859―1922)

フランスの法学者。モンペリエ大学で民法学を講義。『自然法の再生』La renaissance du droit naturel(1910)の著者として知られる。彼はこの著書において、法の危機を訴え、その危機は法の理想を軽視する当時の歴史学派、実証学派に由来するとして、新しい法的理想主義=自然法を再生させなければならないと説く。もっとも、その自然法は、中世、近世を通じて唱えられた超歴史的、永久不変の自然法ではなく、限られた時代、空間における理想の法といったものである。このような思想は、19世紀末からヨーロッパに盛んとなり、新自然法思想とよばれたが、この著書はその運動に大きな貢献をした。主著にはほかに『私法変遷論』La transformation du droit civil(1912)がある。[高橋康之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

シャルモンの関連キーワード遼河

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android