シャルル ラピック(英語表記)Charles Lapicque

20世紀西洋人名事典の解説


1898.10.6 - 1988.7.15
フランス画家
テーゼ(ローヌ県)生まれ。
技術者を志すが、20歳を過ぎて絵画に転じ、1925年はじめてパリのジャンヌ・ビュシェ画廊で作品を発表する。その後、サロン・ドートンヌやサロン・デ・シュランデパンダンなどに出品し、’37年パリの科学技術館の壁画の制作を行い、’41年「フランス伝統青年画家に参加する。第二次大戦後の抽象絵画最初旗手の一人である。後に具象画に進んだ。代表作に「カラカラの大浴場」など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android