シャルル ラピック(英語表記)Charles Lapicque

20世紀西洋人名事典の解説


1898.10.6 - 1988.7.15
フランス画家
テーゼ(ローヌ県)生まれ。
技術者を志すが、20歳を過ぎて絵画に転じ、1925年はじめてパリのジャンヌ・ビュシェ画廊で作品を発表する。その後、サロン・ドートンヌやサロン・デ・シュランデパンダンなどに出品し、’37年パリの科学技術館の壁画の制作を行い、’41年「フランス伝統青年画家に参加する。第二次大戦後の抽象絵画最初旗手の一人である。後に具象画に進んだ。代表作に「カラカラの大浴場」など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android