コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャンバラ伝説 シャンバラでんせつ

1件 の用語解説(シャンバラ伝説の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

シャンバラでんせつ【シャンバラ伝説】

チベットの奥地に存在するといわれる仏教徒ユートピア,シャンバラShambhala(Shambala)をめぐる伝説。後7世紀ころからチベットの仏教文献にその名が現れるようになり,シャンバラを聖なる蓮に見立てた曼荼羅も制作されている。チベット仏教のもっとも高遠な教えといわれる〈カーラチャクラ・タントラ〉(〈時の輪の教義〉の意)を信仰するこの聖都には,精霊の軍団を率いる帝王がいて,やがて起こる最終戦争に勝利して世界に永遠の黄金時代を招来するという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

シャンバラ伝説の関連キーワードチベット語チベット高原チベット文字ラマ教チベット高気圧支那チベット諸語喇嘛チベットヒマラヤ山塊チベット種 (Tibet)チベット占星術

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone