コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュエグヂー寺院 シュエグヂーじいん

1件 の用語解説(シュエグヂー寺院の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

シュエグヂーじいん【シュエグヂー寺院】

ミャンマー中央部、バガン(Bagan)の仏教遺跡群の中にある寺院。バガンは、ビルマ族による最初の統一国家を打ち立てたバガン王朝(11~13世紀)が都を置いた古都で、同王朝の庇護のもと、上座部仏教小乗仏教)の寺院やパゴダ(仏塔)が多数建てられた。この寺院もその一つで、1131年にアラアゥンズィトゥ王により建立された。金色に輝く屋根を持った伽藍(がらん)を持つ。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シュエグヂー寺院の関連キーワードパガンピンマナミャンマーミャンマーとビルマミャンマーのサイクロン被害ミャンマーの少数民族と武装勢力ミャンマーのゾウ在日ミャンマー人ミャンマーの少数民族アラカン[州]

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone