コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュタルケル

百科事典マイペディアの解説

シュタルケル

ハンガリー出身の米国のチェロ奏者。生地のブダペスト音楽院に学び11歳でデビュー。1945年―1946年ブダペスト歌劇場管弦楽団の首席として活動後,1948年に渡米

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シュタルケル
しゅたるける
Jnos Starker
(1924―2013)

ハンガリー出身のアメリカのチェロ奏者。生地のブダペスト音楽院で学び、ブダペスト歌劇場の首席チェロ奏者となる。1946年フランスに移り、さらに1948年渡米、ダラス交響楽団、メトロポリタン歌劇場、シカゴ交響楽団の各首席奏者となる。1954年アメリカの市民権を得て、1958年インディアナ大学教授に就任。以後、独奏活動をいっそう活発に行うようになった。1960年(昭和35)初来日。その演奏は、まれにみる達者な技巧に支えられ、健康的で生き生きした表現を特色とするが、1970年代以降は、かつての豪壮さが影を潜め、表現の多彩と円熟を重視した芸風に変わった。コダーイの無伴奏チェロ・ソナタは、もっとも得意にしていた演目である。日本のチェロ奏者堤剛(つよし)(1942― )の師。[岩井宏之]
『吉田秀和著『吉田秀和全集13 音楽家のこと』新装復刊版(2001・白水社) ▽堤剛著『チェロを生きる』(2002・新潮社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

シュタルケルの関連キーワード吉田秀和コダイ

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android