コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュトゥットガルト室内管弦楽団

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シュトゥットガルト室内管弦楽団
しゅとぅっとがるとしつないかんげんがくだん
Stuttgarter Kammerorchester

1945年に指揮者カール・ミュンヒンガーが設立したドイツの室内管弦楽団。編成は弦楽器主体で十数名であるが、必要に応じて管楽器などを増やすこともある。48年から国外にも演奏旅行を始め、レコード録音によって広く知られた。バッハの作品を中心にバロック音楽をおもに演奏、生気にあふれ明快なリズム、切れ味のよい造型、一糸乱れぬ合奏により、第二次世界大戦後のバロック音楽普及に寄与した。[美山良夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android