コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

室内管弦楽団 しつないかんげんがくだんchamber orchestra

2件 の用語解説(室内管弦楽団の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

室内管弦楽団
しつないかんげんがくだん
chamber orchestra

十数名から二十数名の奏者による小規模管弦楽団。弦5部と通奏低音を基準とし,バロック時代の合奏曲と 20世紀の小編成の管弦楽曲レパートリーとする。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しつないかんげんがくだん【室内管弦楽団 chamber orchestra】

小人数の奏者から成る演奏団体。〈管弦〉と訳されるが,実体は弦楽器のみの編成,弦楽器にチェンバロを加えた程度の編成の団体も多い。人数は一定しないが,弦楽器のみの場合の十数名から,管楽器を含む場合でも二十数名程度の団体が一般的である。バロック時代から,古典派初期までは,ほとんどこの程度の編成の団体がオーケストラと呼ばれていた。19世紀に入ってオーケストラはしだいに大型化し,19世紀末には巨大なものとなったが,20世紀に入ってから一種の反動として室内管弦楽団が復活した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

室内管弦楽団の関連情報