コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュトラスブルクの盟約 シュトラスブルクのめいやくSerments de Strasbourg

2件 の用語解説(シュトラスブルクの盟約の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シュトラスブルクの盟約
シュトラスブルクのめいやく
Serments de Strasbourg

ストラスブールの誓約書とも呼ばれる。 842年の東フランク王と西フランク王との盟約。フランク王ルートウィヒ1世 (敬虔王) の死後,3人の子の間に勢力争いが起り,次子の初代東フランク王ルートウィヒ2世 (ドイツ王) と末子の初代西フランク王カルル2世 (禿頭王) は協力して,長兄の西ローマ皇帝ロタール1世に対抗し,841年フォントノアの戦いで勝利を得た。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

シュトラスブルクのめいやく【シュトラスブルクの盟約】

840年のルートウィヒ1世の死後,その長子のロタール1世は皇帝位と同時にフランク王国全体に対する最高権を主張して,弟のルートウィヒ2世にはバイエルン1国に甘んずることを,また末弟のカール2世には相続領をアキテーヌ1国に縮小することを強要した。そのうえ彼は,恩貸地の大盤振舞によって,弟たちの家臣の多くを,自分の家臣に加えることに成功した。このような兄の侵略政策に対抗して弟2人は結束し,841年6月25日のフォントノア・アン・ピュイゼFontenoy‐en‐Puisayeでの勝利の後,842年2月14日シュトラスブルクで防衛条約を結ぶ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone