コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュピッツウェーク シュピッツウェークSpitzweg, Carl

2件 の用語解説(シュピッツウェークの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シュピッツウェーク
シュピッツウェーク
Spitzweg, Carl

[生]1808.2.5. ミュンヘン
[没]1885.9.22. ミュンヘン
ドイツの画家。ビーダーマイアー様式の指導的画家の一人。初め薬学を学んだが,1833年画業に転じ独学。雑誌"Fliegende Blätter"や"Nürubeger Trichter"などに素描を発表するとともに,小市民の日常生活を軽妙な筆致で描いた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

シュピッツウェーク【Carl Spitzweg】

1808‐85
ドイツの画家。薬剤師から独学で画業に転じ,生地ミュンヘンで活動。その作品は,17世紀オランダ風俗画とフランスバルビゾン派の技法に学んだ風俗画の小品が多い。とりわけ,代表作《貧しき詩人》(1839)など,ビーダーマイヤー時代のドイツの小市民生活を温かいユーモアをもって描き出した諸作品は,ドイツにおいて最も広く愛好されてきた19世紀絵画のひとつと言えよう。【有川 治男】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

シュピッツウェークの関連キーワード1808年5月3日ゴヤ(年譜)上田秋成検察ブルボン朝保育料滞納調査うけらが花運命加藤千蔭木内石亭

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone