シュピッツウェーク(英語表記)Spitzweg, Carl

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シュピッツウェーク
Spitzweg, Carl

[生]1808.2.5. ミュンヘン
[没]1885.9.22. ミュンヘン
ドイツの画家。ビーダーマイアー様式の指導的画家の一人。初め薬学を学んだが,1833年画業に転じ独学。雑誌"Fliegende Blätter"や"Nürubeger Trichter"などに素描を発表するとともに,小市民の日常生活を軽妙な筆致で描いた。主要作品『貧しい詩人』 (1839,ミュンヘン,ノイエ・ピナコテーク) ,『出立』 (64,ミュンヘン,シャック画廊) など。作風はフランドル派とバルビゾン派の影響を受け,素直な自然観照に基づくやわらかい明暗表現と微妙な色彩効果を特徴とする。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

シュピッツウェーク【Carl Spitzweg】

1808‐85
ドイツの画家。薬剤師から独学で画業に転じ,生地ミュンヘンで活動。その作品は,17世紀オランダ風俗画とフランスのバルビゾン派の技法に学んだ風俗画の小品が多い。とりわけ,代表作《貧しき詩人》(1839)など,ビーダーマイヤー時代のドイツの小市民生活を温かいユーモアをもって描き出した諸作品は,ドイツにおいて最も広く愛好されてきた19世紀絵画のひとつと言えよう。【有川 治男】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android