コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュミット線 Schmidt line

2件 の用語解説(シュミット線の意味・用語解説を検索)

法則の辞典の解説

シュミット線【Schmidt line】

質量数(核子数)が奇数の原子核磁気モーメントを,単一粒子模型を用いて核スピンjの関数として計算したときに得られる曲線.陽子数が奇数の場合と,中性子数が奇数の場合とで別の曲線が引ける.実測値は必ずしもこの曲線上にはないのだが,きわめて近くにある.シュミット則*呼ばれることもある.

出典|朝倉書店
法則の辞典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

シュミット線【シュミットせん】

植物地理学上の境界線の一つ。サハリン西岸のドゥエポロナイスクを結ぶ線で,主として顕花植物の分布に基づき,全北植物区系界中のヨーロッパシベリア区系区と中国‐日本区系区の境となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone