コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュミット線 Schmidt line

2件 の用語解説(シュミット線の意味・用語解説を検索)

法則の辞典の解説

シュミット線【Schmidt line】

質量数(核子数)が奇数の原子核磁気モーメントを,単一粒子模型を用いて核スピンjの関数として計算したときに得られる曲線.陽子数が奇数の場合と,中性子数が奇数の場合とで別の曲線が引ける.実測値は必ずしもこの曲線上にはないのだが,きわめて近くにある.シュミット則*呼ばれることもある.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

シュミット線【シュミットせん】

植物地理学上の境界線の一つ。サハリン西岸のドゥエポロナイスクを結ぶ線で,主として顕花植物の分布に基づき,全北植物区系界中のヨーロッパシベリア区系区と中国‐日本区系区の境となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

シュミット線の関連キーワードγ崩壊原子核原子核物理学磁気モーメント質量数ラビ同位核ガーヴェイ‐ケルソン質量関係式シュースの法則シュミット則

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone