コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュレースウィヒホルシュタイン州 シュレースウィヒホルシュタインSchleswig-Holstein

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シュレースウィヒホルシュタイン〔州〕
シュレースウィヒホルシュタイン
Schleswig-Holstein

ドイツの最北端,ユラン (ユトラント) 半島基部に位置する州。州都キール。北はデンマーク,南はハンブルク,およびエルベ川をへだててニーダーザクセン州と,南東はメクレンブルクフォアポンメルン州と接する。州域には東側バルト海沿岸のフェーマルン島,および西側のドイツ湾内のヘルゴラント島,北フリージア諸島ジルト島,フェール島,ノルトシュトラント島などが含まれる。西側には氷食を受けた平坦な低湿地が広がり,中部および東部には氷堆石丘のゆるやかな起伏がみられる。北海海岸では古い砂丘が浸食されてフリージア諸島となっており,諸島にも本土にもなお浸食が進んでいる。バルト海沿岸では細長い峡湾が陸地深く入込んでいる。中世は,州中部のレンツブルク付近を流れるアイダー川により,北のシュレースウィヒ,南のホルシュタインおよびラウエンブルク (リューベックの南,エルベ川の北で,ホルシュタインとメクレンブルクの両公国にはさまれた小地域) の3公国に分れ,シュレースウィヒはデンマーク,他は神聖ローマ帝国に属していた。 19世紀に入ると帰属をめぐってデンマーク,プロシア,オーストリアの3国間にしばしば紛争が生じ,三年戦争 (1848~50) ,七週間戦争 (66) などの結果,デンマーク領北シュレースウィヒを含めて,この地域はすべてプロシア王国 (71以降ドイツ帝国) 領となった。ただし北シュレースウィヒは 1920年の住民投票の結果デンマークに復帰している。州域の約4分の3は農地として使用されているが,土壌がやせているため,コムギ,サトウダイコン,ジャガイモなどによる農業収益は州の全収益の約1割程度にとどまり,牧畜,酪農の収益を下回る。造船,機械工業などがキールなど一部の都市に集中して発達している。観光も重要。面積 1万5799km2。人口 283万2027(2010推計)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

シュレースウィヒホルシュタイン州の関連キーワード汎スカンジナビア主義スカンジナビア主義ノイミュンスターフレンスブルク北ドイツ低地ピンネベルクユラン半島イツェホーキール運河キール大学

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android