シューマイ(焼売)(読み)シューマイ(英語表記)shao mai

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シューマイ(焼売)
シューマイ
shao mai

中国料理の点心一種小麦粉に水を加えこねて薄く伸ばした中身を入れ,包んで蒸したもの。中身は豚ひき肉,玉ねぎ,長ねぎ,白菜,しいたけ,えび,生姜,にんにくなどのほか,水分を吸収させるためデンプンを混ぜる。蒸して熱いところを練り芥子酢醤油をつけて食べる。皮は強力粉を用い,卵白や油を水に加えると伸ばしやすく,時間がたっても固くならない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

シューマイ(焼売)【シューマイ】

中国料理の点心の一種。薄く伸ばした小麦粉の皮で肉餡(あん)を包んで蒸したもの。揚げたものもある。からし醤油,ラーユ(辣油)などをつけて食べる。肉餡は豚ひき肉を代表とし,鶏,エビ,カニなどで,シイタケ,ネギなどのみじん切りを加える。中国北部でのギョーザ(餃子)に対し広東地方などおもに南部で見られる料理。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

シューマイ【シューマイ(焼売) shāo mài】

中国料理の点心の一種。小麦粉で作ったごくうすい皮の中に,豚ひき肉やみじん切りの野菜,調味料を加えたものを包んで蒸したもの。カラシじょうゆなどで食べる。中国全土で作られており,〈焼売〉は南方の呼称で,北方では〈焼麦〉と称している。中国でも比較的新しい食品で,《清俗紀聞》(1799)に,説明は〈餃子(カウツイン)〉となっているが,図はシューマイによく似ており,このころ,中国にシューマイらしいものがあったことがわかる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android