ショートホーン種(読み)ショートホーンしゅ(英語表記)Shorthorn

翻訳|Shorthorn

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ショートホーン種
ショートホーンしゅ
Shorthorn

短角牛ともいう。イングランド原産の肉用種。体は大型で成育が早いが,体表部に脂肪瘤ができやすい。明治時代に日本に輸入され,黒毛和種の改良に用いられ,また,東北地方日本短角種の基礎となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ショートホーン‐しゅ【ショートホーン種】

〘名〙 牛の品種。イングランド北東部原産の肉用牛。日本には明治初期に輸入され、和牛の改良に用いられた。早熟早肥で、体重は雄が九〇〇キログラム、雌が六五〇キログラムほどになる。体形長方形肉付きがよい。体色赤褐色白斑のものが多い。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android