シラバス(読み)しらばす(英語表記)Syllabus

翻訳|syllabus

知恵蔵「シラバス」の解説

シラバス

授業科目の授業計画大要。大学の授業の名前や担当する教員の名前、講義の目的、各回の授業内容といったことを示しており、学生がどの講義をとるかを決める際の資料となる。このほか、教員がお互いの授業内容が重ならないように調整したり、学生が授業を評価したりする際にも使われる。2005年度の文部科学省の調べでは、713の全大学が作成している。しかし、準備学習のための具体的な指示や教員に自由に質問できる時間帯(オフィス・アワー)を明示している大学は半分にも満たないなど、掲載内容には大学間で差がある。

(増谷文生 朝日新聞記者 / 2008年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

とっさの日本語便利帳「シラバス」の解説

シラバス

講義概要。講師が学生に示す授業全体の計画書。授業の目標・内容・参考図書・成績評価の方法などが記され、学習計画を立てる指針となる。

シラバス

一年間または一学期間の、講義内容の概略

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

精選版 日本国語大辞典「シラバス」の解説

シラバス

〘名〙 (syllabus) 講義の摘要。講義要目。学年あるいは学期中の授業・講義の計画や概略を各時限ごとに記したもの。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「シラバス」の解説

シラバス(syllabus)

講義の摘要。講義要目。学年あるいは学期中の授業・講義の計画や内容の概略を各時限ごとに記したもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android