コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シリウスの伴星 シリウスのばんせいCompanion of Sirius

2件 の用語解説(シリウスの伴星の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シリウスの伴星
シリウスのばんせい
Companion of Sirius

正式名はシリウスB。光度 8.54等。スペクトル型 wA5の白色矮星。その直接発見より前の 1834年,主星Aの固有運動の蛇行から連星であることが予測され,アメリカの A.クラークが 62年に発見。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

シリウスのばんせい【シリウスの伴星 companion of Sirius】

シリウスのまわりを50.1年の周期で公転している星があり,シリウスの伴星と呼ばれている。この星は白色矮星(わいせい)の発見に導いたものとして有名である。すなわち,1844年に,F.W.ベッセルは,シリウスの運動が直線でなく,ふらついていることを見いだし,暗くて見えない星を伴っていると考えた。シリウスの主星よりも10等級(1万倍)も暗いこの伴星は,1862年にクラークA.G.Clark(1832‐97)によって見つけられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone