コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シリウスの伴星 シリウスのばんせい Companion of Sirius

2件 の用語解説(シリウスの伴星の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シリウスの伴星
シリウスのばんせい
Companion of Sirius

正式名はシリウスB。光度 8.54等。スペクトル型 wA5の白色矮星。その直接発見より前の 1834年,主星Aの固有運動の蛇行から連星であることが予測され,アメリカの A.クラークが 62年に発見。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

シリウスのばんせい【シリウスの伴星 companion of Sirius】

シリウスのまわりを50.1年の周期で公転している星があり,シリウスの伴星と呼ばれている。この星は白色矮星(わいせい)の発見に導いたものとして有名である。すなわち,1844年に,F.W.ベッセルは,シリウスの運動が直線でなく,ふらついていることを見いだし,暗くて見えない星を伴っていると考えた。シリウスの主星よりも10等級(1万倍)も暗いこの伴星は,1862年にクラークA.G.Clark(1832‐97)によって見つけられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

シリウスの伴星の関連キーワードカストル恒星月公転周期彗星バシリウス回帰軌道実体振子太陽周期シリウスシンボリシリウス周期

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone