コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シルダリア Syrdar'ya

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シルダリア
Syrdar'ya

中央アジア,キルギス,タジキスタンウズベキスタンカザフスタンの各国を流れる中央アジア最長の川。古代名ヤクサルテス Iaxartes川。テンシャン (天山) 山脈に源を発し西流するナルイン川とカラダリヤ川が,フェルガナ盆地東部で合流してシルダリア本流となり,アラル海に注ぐ。ナルイン川水源から河口までは全長 3019km,本流の長さは 2212km。流域面積 46万 2000km2フェルガナ盆地までの上流部は山地を流れ急流となっている。同盆地では周辺の山地から,シルダリアに向かって多くの川が流れてくるが,灌漑用水に利用されるため本流にはほとんど流入しない。山地を切って盆地を出たあと,北西に流路を変え,右岸にアングレンチルチク,ケレス,さらにアルイシなどの支流を受けながら,クイズイルクム (キジルクム) 砂漠の東縁,北縁に沿って流れ,アラル海に注ぐ。河口には三角州が形成されているが,多量の土砂を含むこの川は,毎年 50mずつ三角州を前進させている。下流部は 12月から翌年3月まで結氷するが,フェルガナ盆地では結氷期は短い。河口から下流部のカザリンスクまで航路がある。中流部にはファルハド,カイラックム,チャルダラなどの水力発電所が建設されている。また河水を利用しての灌漑施設も発達している。沿岸主要都市はタジキスタンのホジェント,ウズベキスタンのベカバード,カザフスタンのクズイルオルダ,カザリンスクなど。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

シルダリア【Syrdar'ya】

〔ダリアはトルコ語で川の意〕 中央アジアを流れる内陸河川。天山山脈に源を発し、北西に流れてカザフスタンに入り、アラル海に注ぐ。長さ約3000キロメートル。流域は綿花を産する灌漑農業地帯。シル川。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

シルダリアの関連キーワードコカンド・ハン(浩罕汗)国マーワラー・アンナフルアク・ナザル・ハンクイズイルクム砂漠シャイバーニー朝コーカンドハン国タギスケン古墓群アルタン(俺答)クズイルオルダ州アンジジャン州トグルル・ベグスイルダリヤ州ジョチ(朮赤)トゥルキスタントゥルケスタンホジェント州キジルクームトゥラン低地シルダリア川タシケント州

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

シルダリアの関連情報