シルト岩(読み)しるとがん(英語表記)siltstone

日本大百科全書(ニッポニカ)「シルト岩」の解説

シルト岩
しるとがん
siltstone

砕屑(さいせつ)性堆積岩(たいせきがん)の一種で、シルト(粒径0.004~0.06ミリメートル)の砕屑粒子を主成分とする岩石。普通、泥岩あるいは頁岩(けつがん)とよばれているものにはシルト岩が多く、シルトに加えてより細かな粘土鉱物が混合して岩石をつくっている。シルトは淤泥(おでい)あるいは微砂(びさ)ともよばれ、おもに石英や長石の鉱物粒からなり、細かいために円磨されているものは少ない。シルトはわずかな動きの水流でも運ばれてしまうので、シルト岩には平行葉理が発達していることが多い。シルト岩はあらゆる地質時代の地層にみられるが、とくに海底地すべりによる乱泥流でつくられたタービダイトturbiditeとよばれる堆積物の上部に、下部を形成する砂岩とともに普通に産する。また、大陸地域でレスloessとよばれる陸成の堆積物は、構成物質の粒度組成からみるとシルト岩である。その代表例が中国の黄土である。

[斎藤靖二]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

岩石学辞典「シルト岩」の解説

シルト岩

シルトの粒度の粒子からできている岩石.これは固化して裂けにくいシルトストーン(siltstone)と,固化して裂けやすいシルト頁岩(silt shale)に分けられる.この使用法は英国では支持されていない[Dunbar & Rodgers : 1957].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典「シルト岩」の解説

シルト‐がん【シルト岩】

〘名〙 (シルトはsilt) 砂と粘土の中間の粗さをもった泥から成る岩石。淤泥岩(おでいがん)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のシルト岩の言及

【泥岩】より

…泥とは粒径が1/16mmより細かい砕屑物をいい,それらが大部分を占める岩石が泥岩である。泥岩はさらに粒径1/256mm以上の大きさのシルト,それ以下の大きさの粘土の成分の多少によりシルト岩,粘土岩に区分される。ただし肉眼的に両者を識別することは困難である。…

※「シルト岩」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android