コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シレネ シレネ 〈ラテン〉Silene

3件 の用語解説(シレネの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

シレネ(〈ラテン〉Silene)

ナデシコ科シレネ属の植物の総称。ムシトリナデシコなどが含まれる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

シレネ【Silene】

ナデシコ科マンテマ属の属名。また、同属の植物の総称。マンテマ・フクロナデシコ・ムシトリナデシコなど。
ナデシコ科の越年草。南ヨーロッパ原産。全体に白毛がある。茎は斜上して分枝し、高さ約30センチメートルとなる。葉は楕円形。五月頃、サクラに似た五弁花を集散花序につけ、袋状の萼がくがある。観賞用。フクロナデシコ。サクラマンテマ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シレネ
しれね
[学]Silene

ナデシコ科マンテマ属の総称。北半球アフリカに広く分布し、約300種ある。日本ではビランジ帰化植物のマンテマが分布する。普通シレネとよばれ、園芸植物とするものに次の2種がある。
 フクロナデシコ(袋撫子)S. pendula L.は地中海沿岸原産の二年草で、サクラマンテマともいう。高さ20~40センチメートル。茎はややつる状になり多くの枝を出す。葉は長楕円(ちょうだえん)形で先はとがり、細毛がある。4~5月、径約2センチメートル、桃色、白色でサクラに似た花を多数開く。萼片(がくへん)は半透明の袋状で紅色を帯びた筋(すじ)があり、花期後はさらに発達する。一般に矮性(わいせい)種を花壇植えあるいは鉢づくりにする。春播(ま)きではその年に開花しないが、9月中に播種(はしゅ)し、定植して冬を越すと、5月に開花する。変種に八重咲きがある。
 ムシトリナデシコ(虫捕撫子)S. armeria L.はヨーロッパ中南部原産の一年草で、コマチソウ(小町草)ともいう。茎は平滑、葉はへら状で先はとがり、ろう質物に覆われ、灰緑色を呈する。5月に細い、じょうぶな30~60センチメートルの茎を出し、約1センチメートルの濃桃色花を散房状に多数つける。茎の上部節下に褐色の粘液を分泌し小虫をつけ、このためムシトリナデシコの名があるが、食虫植物ではない。渡来は江戸末期で、各地の河原や原野に野生化したものもみられる。花壇や切り花に利用する。栽培はごく容易で、9月播きすれば、やせ地でもよく育つ。変種に玉咲き種や白花種がある。[伊藤秋夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シレネの関連キーワードジニアビスカリアアメリカ撫子高嶺撫子蠅取撫子麦撫子虫取撫子撫子藤撫子ナデシコ(撫子)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

シレネの関連情報