コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シレネ 〈ラテン〉Silene

デジタル大辞泉の解説

シレネ(〈ラテン〉Silene)

ナデシコ科シレネ属の植物の総称。ムシトリナデシコなどが含まれる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

シレネ【Silene】

ナデシコ科マンテマ属の属名。また、同属の植物の総称。マンテマ・フクロナデシコ・ムシトリナデシコなど。
ナデシコ科の越年草。南ヨーロッパ原産。全体に白毛がある。茎は斜上して分枝し、高さ約30センチメートルとなる。葉は楕円形。五月頃、サクラに似た五弁花を集散花序につけ、袋状の萼がくがある。観賞用。フクロナデシコ。サクラマンテマ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シレネ
しれね
[学]Silene

ナデシコ科マンテマ属の総称。北半球やアフリカに広く分布し、約300種ある。日本ではビランジや帰化植物のマンテマが分布する。普通シレネとよばれ、園芸植物とするものに次の2種がある。
 フクロナデシコ(袋撫子)S. pendula L.は地中海沿岸原産の二年草で、サクラマンテマともいう。高さ20~40センチメートル。茎はややつる状になり多くの枝を出す。葉は長楕円(ちょうだえん)形で先はとがり、細毛がある。4~5月、径約2センチメートル、桃色、白色でサクラに似た花を多数開く。萼片(がくへん)は半透明の袋状で紅色を帯びた筋(すじ)があり、花期後はさらに発達する。一般に矮性(わいせい)種を花壇植えあるいは鉢づくりにする。春播(ま)きではその年に開花しないが、9月中に播種(はしゅ)し、定植して冬を越すと、5月に開花する。変種に八重咲きがある。
 ムシトリナデシコ(虫捕撫子)S. armeria L.はヨーロッパ中南部原産の一年草で、コマチソウ(小町草)ともいう。茎は平滑、葉はへら状で先はとがり、ろう質物に覆われ、灰緑色を呈する。5月に細い、じょうぶな30~60センチメートルの茎を出し、約1センチメートルの濃桃色花を散房状に多数つける。茎の上部節下に褐色の粘液を分泌し小虫をつけ、このためムシトリナデシコの名があるが、食虫植物ではない。渡来は江戸末期で、各地の河原や原野に野生化したものもみられる。花壇や切り花に利用する。栽培はごく容易で、9月播きすれば、やせ地でもよく育つ。変種に玉咲き種や白花種がある。[伊藤秋夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

シレネの関連キーワードサクラマンテマフクロナデシコ集散花序

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android