コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シロオビアゲハ シロオビアゲハ Papilio polytes

2件 の用語解説(シロオビアゲハの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シロオビアゲハ
シロオビアゲハ
Papilio polytes

鱗翅目アゲハチョウ科。前翅長 40~58mm。翅は黒色で,後翅に尾状突起がある。雄では後翅に白色斑が1列に並ぶが,雌では雄と同様の型と,後翅に白色斑と赤色斑のある型の2型がある。幼虫は柑橘類の葉を食べ,特に野生のサルカケミカンを好む。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シロオビアゲハ
しろおびあげは / 白帯揚羽
common mormon
[学]Papilio polytes

昆虫綱鱗翅(りんし)目アゲハチョウ科に属するチョウ。日本では南西諸島に産し、喜界(きかい)島、奄美(あまみ)大島が分布の北限で、とくに喜界島、徳之島、沖永良部(おきのえらぶ)島、沖縄本島、石垣島などに多い。国外では台湾、中国南部からタイ、インド、スリランカにかけて分布する。はねの開張75ミリメートル内外。雄は後ろばねの中央に黄白色の斑紋(はんもん)が帯状に並び、シロオビアゲハの和名はこの特徴に基づく。雌には雄と同様な斑紋のものと、雄とまったく異なるベニモンアゲハ型の二つの型がある。多化性で、春から秋にかけて発生を繰り返し、各種の花に吸蜜(きゅうみつ)に訪れる。幼虫の食草は野生のサルカケミカン、植栽された各種のミカン類Citrusなどのミカン科の植物である。蛹(さなぎ)で越冬する。[白水 隆]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シロオビアゲハの関連キーワードアゲハウスバキチョウウスバシロチョウナガサキアゲハ揚羽蝶黒揚羽蝶アゲハチョウ(揚羽蝶)オナガアゲハトリバネアゲハ(鳥羽揚羽)アゲハチョウ科

シロオビアゲハの関連情報