コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シロオビアゲハ Papilio polytes

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シロオビアゲハ
Papilio polytes

鱗翅目アゲハチョウ科。前翅長 40~58mm。翅は黒色で,後翅に尾状突起がある。雄では後翅に白色斑が1列に並ぶが,雌では雄と同様の型と,後翅に白色斑と赤色斑のある型の2型がある。幼虫は柑橘類の葉を食べ,特に野生のサルカケミカンを好む。蛹で越冬し,成虫は年数回出現する。琉球列島以南,アジアの熱帯に広く分布し,多くの亜種に分けられている。日本に産するものは亜種 P. p. polyclesという。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シロオビアゲハ
しろおびあげは / 白帯揚羽
common mormon
[学]Papilio polytes

昆虫綱鱗翅(りんし)目アゲハチョウ科に属するチョウ。日本では南西諸島に産し、喜界(きかい)島、奄美(あまみ)大島が分布の北限で、とくに喜界島、徳之島、沖永良部(おきのえらぶ)島、沖縄本島、石垣島などに多い。国外では台湾、中国南部からタイ、インド、スリランカにかけて分布する。はねの開張75ミリメートル内外。雄は後ろばねの中央に黄白色の斑紋(はんもん)が帯状に並び、シロオビアゲハの和名はこの特徴に基づく。雌には雄と同様な斑紋のものと、雄とまったく異なるベニモンアゲハ型の二つの型がある。多化性で、春から秋にかけて発生を繰り返し、各種の花に吸蜜(きゅうみつ)に訪れる。幼虫の食草は野生のサルカケミカン、植栽された各種のミカン類Citrusなどのミカン科の植物である。蛹(さなぎ)で越冬する。[白水 隆]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

シロオビアゲハの関連キーワード斑紋

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android