コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シロクローバー white clover

翻訳|white clover

世界大百科事典 第2版の解説

シロクローバー【white clover】

牧草や芝草として利用されるマメ科多年草シロツメクサ(白詰草)ともいう。また単にクローバーと呼ぶ場合は,この種をさすことが多い。ヨーロッパからアジアにかけての温暖な地域の原産で,現在では亜熱帯から亜寒帯までの世界各地で広く栽培され,野生化もしている。日本に渡来したのは江戸時代で,当時,オランダから長崎に輸入されていたガラス製品の梱包(こんぽう)充てん材としてクローバーの乾草が使われていた。このためにクローバー全体に〈詰め草〉の名が与えられた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のシロクローバーの言及

【ラジノクローバー】より

…飼料とするために栽培されるマメ科の多年草。シロクローバーの巨大化した変種で,シロクローバーの1品種群(ラジノ型)として扱われることもある。葉や花は普通のシロクローバーと同じような形だが,大きさは2~4倍となる。種子の大きさはほぼ同じ。花序の数は比較的少ない。北イタリアの町ローディLodiで栽培されていたのが名の由来で,19世紀末に注目され,世界の温帯各地に広まった。生育が早く,刈取りに強いので青刈飼料に最適であるが,水分を多く含むので干し草やサイレージとして利用するにはイネ科牧草などと混播(こんぱん)するとよい。…

【クローバー】より

…また,根粒菌により空中の窒素を固定し土地を肥やすので,休耕畑などにも植えられる。おもなものにシロクローバー(シロツメクサともいう),アカクローバー(アカツメクサ,ムラサキツメクサともいう),アルサイククローバーT.hybridum L.(英名alsike clover。タチオランダゲンゲともいう),ストロベリークローバーT.fragiferum L.(英名strawberry clover。…

【豆】より

…豆類を産出するマメ科植物は窒素固定を行う根粒菌の共生による根粒を有している。そのため土壌中の窒素分が少ないやせた土地でもよく生育するものも多く,シロクローバー(シロツメクサ),アカクローバー(アカツメクサ),ウマゴヤシなど草本性の種では,牧草として広く利用されるものが多い。マメ科の牧草は土地を肥沃にするだけでなく,タンパク質やアミノ酸の含有量も高いため良好な家畜飼料になる。…

※「シロクローバー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

シロクローバーの関連キーワードクローバー(マメ科)ラジノクローバー飼料作物牧草

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android