コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シロテツ Boninia glabra Planch.

世界大百科事典 第2版の解説

シロテツ【Boninia glabra Planch.】

小笠原に特産するミカン科の常緑高木で,全体に毛がなく,高さ7mくらいとなる。葉は対生し,楕円形革質で長さ2.5~10cm,先端はつぶれ,基部はくさび形。葉柄は長さ1.5~2.5cm。枝先の葉腋(ようえき)に長さ2~3cmの円錐花序を出し,多数の小さい白色の花をつける。雌雄異株で花は4数性。雄花は長さ1.5mmくらい。萼は4浅裂し,長さは花弁の約半分で有毛。雄花のおしべは花弁より短い。子房は円形で有毛,心皮は完全に癒合し,先に短い1本の花柱がつく。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

シロテツの関連キーワードシロテツ(白鉄)植物区系

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android