シロバイ(読み)しろばい

  • Symplocos lancifolia Sieb. et Zucc.
  • しろばい / 白灰

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハイノキ科の常緑小高木。小枝に淡褐色の細毛がある。葉は互生し、卵状披針(ひしん)形で長さ4~8センチメートル、縁(へり)に浅く切れ込む鋸歯(きょし)がある。9~10月、葉腋(ようえき)に長さ1~3センチメートルの穂になって白色花を開く。花冠は径約6センチメートル、五つに深く裂け平開する。雄しべは多数で5束に分かれる。果実は倒卵状球形で長さ5~6ミリメートル、翌年の秋に黒く熟す。暖地に生え、近畿地方以西の本州から九州、および中国大陸南部、台湾に分布する。[小林義雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android