コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シンドバッド シンドバッドSindbad

4件 の用語解説(シンドバッドの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

シンドバッド(Sindbad)

アラビアンナイト」に登場するバグダードの豪商。7回にわたる航海で体験した多くの冒険の話をする。船乗りシンドバッド

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

シンドバッド

千夜一夜物語》に登場するバグダッドの豪商。7回の航海に出たので〈船乗りシンドバッド〉と呼ばれた。故郷に帰ってその冒険譚を語る。ロック鳥に連れ去られたときダイヤモンドの谷を発見したのはその冒険の一つ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

シンドバッド【Sindbad】

千夜一夜物語》の主人公の一人。アラビア語で正しくはシンドバードal‐Sindbād。ペルシア湾からインド洋を股にかけ,7回の波乱に富んだ大航海を行い,イラク南部の故郷バスラでその海の冒険譚を周りに集まった人々に語り聞かす設定になっている。もともとは独立したインド起源の〈シンドバード物語〉としてあったものが,潤色されて《千夜一夜物語》の中に組み込まれたものといわれる。当時のバスラを中心とした海の交易,ムスリム商人の活躍ぶりを反映している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のシンドバッドの言及

【ブズルグ・ブン・シャフリヤール】より

…同書はインド洋からシナの海を航行するムスリム商人,船乗りたちの報告に基づきアラビア語で書かれ,135の独立した物語,奇談が収められている。この中には《千夜一夜物語》中の船乗りシンドバッドの航海談の原形ともみられる伝説や,かなり荒唐無稽な物語も含まれるが,当時の航海のようすやインド洋の島々,アラビア半島,東部アフリカの姿を知る上で示唆に富む。【佐々木 淑子】。…

※「シンドバッド」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

シンドバッドの関連情報