コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シートピア計画 シートピアけいかく

2件 の用語解説(シートピア計画の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

シートピア計画【シートピアけいかく】

科学技術庁の委託で,海洋科学技術センターが進めた海中居住実験計画。シートピアは,sea(海)とutopia(理想郷)の合成語。将来の海洋開発に向けて,水圧の人体に及ぼす影響,海中居住基地の住み心地などの調査を目的とする。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シートピア計画
しーとぴあけいかく
Seatopia Project

日本の海中居住実験計画。sea(海)とutopia(理想郷)との合成人工語。当時の科学技術庁が主体となって推進し、海洋科学技術センター(現、海洋研究開発機構)が実験など実際の作業にあたった。目的は、数名の観測者が水深50~100メートルの海中で長時間海中居住を行い、人間の海中居住について海中工学、医学、生理学などの面から総合的な実験研究をするものであった。施設、機器は、海中居住基地、水中エレベーター(PTC)、減圧室(DDC)、支援ブイなどで、1969年(昭和44)から75年まで行われ、30メートル(1972、静岡県田子港)、60メートル(同)、100メートル(1975、静岡県内浦湾)の各海中実験に成功した。この成果はその後の深海潜水調査船しんかい2000」の企画建造やその他の潜水作業技術の開発進歩に大きな貢献をしている。シートピア計画は、1960年代中葉より海洋先進国が競って開始した海中居住実験計画、たとえばシーラブ計画アメリカ)、プレコンチナン計画フランス)に対応するものである。[半澤正男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のシートピア計画の言及

【海洋開発】より

…この計画の実験を行ったのは1962年フランスのクストーによるプレコンティナン計画であり,アメリカは64年からシーラブ計画を行った。引き続き西ドイツのヘリゴラント計画,日本のシートピア計画が実施され,一応の成果は得られた。しかし支援装置がいずれも海上にあり,天候の急変や環境の変化のため支援装置が避難する必要が生ずる可能性があり,その場合ダイバーの安全を確保できないことが大きな問題となった。…

※「シートピア計画」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

シートピア計画の関連キーワード科学技術振興機構科学技術庁STAC科学技術振興事業団シートピアJRDC日本科学技術情報センター科学技術振興機構(JST)益田善雄日本科学技術振興財団

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone