コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シートピア計画 シートピアけいかく

百科事典マイペディアの解説

シートピア計画【シートピアけいかく】

科学技術庁の委託で,海洋科学技術センターが進めた海中居住実験計画。シートピアは,sea(海)とutopia(理想郷)の合成語。将来の海洋開発に向けて,水圧の人体に及ぼす影響,海中居住基地の住み心地などの調査を目的とする。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シートピア計画
しーとぴあけいかく
Seatopia Project

日本の海中居住実験計画。sea(海)とutopia(理想郷)との合成人工語。当時の科学技術庁が主体となって推進し、海洋科学技術センター(現、海洋研究開発機構)が実験など実際の作業にあたった。目的は、数名の観測者が水深50~100メートルの海中で長時間海中居住を行い、人間の海中居住について海中工学、医学、生理学などの面から総合的な実験研究をするものであった。施設、機器は、海中居住基地、水中エレベーター(PTC)、減圧室(DDC)、支援ブイなどで、1969年(昭和44)から75年まで行われ、30メートル(1972、静岡県田子港)、60メートル(同)、100メートル(1975、静岡県内浦湾)の各海中実験に成功した。この成果はその後の深海潜水調査船「しんかい2000」の企画建造やその他の潜水作業技術の開発進歩に大きな貢献をしている。シートピア計画は、1960年代中葉より海洋先進国が競って開始した海中居住実験計画、たとえばシーラブ計画(アメリカ)、プレコンチナン計画(フランス)に対応するものである。[半澤正男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のシートピア計画の言及

【海洋開発】より

…この計画の実験を行ったのは1962年フランスのクストーによるプレコンティナン計画であり,アメリカは64年からシーラブ計画を行った。引き続き西ドイツのヘリゴラント計画,日本のシートピア計画が実施され,一応の成果は得られた。しかし支援装置がいずれも海上にあり,天候の急変や環境の変化のため支援装置が避難する必要が生ずる可能性があり,その場合ダイバーの安全を確保できないことが大きな問題となった。…

※「シートピア計画」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

シートピア計画の関連キーワードニューシートピア計画オセアノートかいよう

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android