コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シーニアー シーニアーSenior, Nassau William

3件 の用語解説(シーニアーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シーニアー
シーニアー
Senior, Nassau William

[生]1790.9.26. バークシャー
[没]1864.6.4. ケンジントン
イギリスの経済学者。オックスフォード大学に学び,1825~30年同大学に創設されたドラモンド経済学講座の初代教授。 32年救貧法委員会,37年工場改善委員会,41年手織工委員会などの委員を歴任し,47~52年再度母校の経済学部教授。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

シーニアー

英国の経済学者。オックスフォード大学教授のかたわら,救貧法委員会の委員などを務めた。主著《経済学概論》(1836年)で,利潤は資本家が欲望を自制して貨幣を生産的に使用することへの報酬だと唱えた(節欲説)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

シーニアー【Nassau William Senior】

1790‐1864
イギリスの経済学者。イートンおよびオックスフォード大学に学び,1819年弁護士資格を得た。25‐30年オックスフォード大学ドラモンド経済学講座の初代教授を務め,47‐52年ふたたび同じ地位につく。1836年に主著《経済学概論》を著し,リカード理論の修正,展開をはかった。これは厳密な演繹的方法で書かれた古典派経済学の代表的書物の一つで,とりわけ利潤についての節欲説abstinence theoryは有名である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のシーニアーの言及

【古典派経済学】より

…古典派経済学(略して古典派あるいは古典学派ともいう)とは一般に,18世紀の最後の四半世紀から19世紀の前半にかけイギリスで隆盛をみる,アダム・スミスリカードマルサスJ.S.ミルを主たる担い手とする経済学の流れをさしている。D.ヒュームらアダム・スミスの先行者や19世紀のJ.ミル,J.R.マカロック,R.トレンズ,ド・クインシー,S.ベーリー,N.W.シーニアー,S.M.ロングフィールドらをどう扱うか,またJ.S.ミルに後続するフォーセットHenry Fawcett(1833‐84)やケアンズJohn Elliot Cairnes(1823‐75),フランスのセーやシスモンディをどう扱うかについて,多少考え方の相違があるが,おおむねこれらの人たちも含まれる。ただし,もっぱら古典派と新古典派(新古典派経済学)の区別だけを設ける立場からは,マルクスも古典派に含められ,セーの法則を採用する者を古典派とみなすケインズは,ケインズ以前のピグーらも古典派に入れている。…

※「シーニアー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

シーニアーの関連キーワードヨーゼフ二世上田秋成柄井川柳梅暮里谷峨ヨーゼフメートル法メートルm酪農の現状ギリシャ経済と緊縮策

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone